フィナステリドQ&A

フィナステリドQ&A

薄毛や抜け毛の悩みの改善に多くの方が使用されるフィナステリドですが、みなさんはフィナステリドについてどの程度知っていますか?当サイトではフィナステリドについての質問や疑問点を解決しながらご紹介しております。

フィナステリドってなに?効果は?

フィナステリドとは、『飲む育毛剤』とも呼ばれることがある、男性型脱毛症治療の現場において使用される薬の主成分です。元々は前立腺に関する疾患治療のために使用されていた成分で、男性ホルモンや、それに作用を及ぼす特定酵素に働きかける効果があります。男性型脱毛症とは成人以降の男性に多い薄毛、抜け毛です。これが発症する原因は様々なのですが、最近では男性ホルモンと特定酵素が大きな原因のひとつとされています。男性ホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に入ると、そこで特定酵素の働きを受けます。すると男性ホルモンが発毛や育毛を阻害する物質に変換されてしまうと言うのが、そのメカニズムです。フィナステリドには、男性ホルモンの過剰分泌を抑制する作用や、これを発毛阻害物質に変換してしまう特定酵素の働きを抑制する作用があるため、男性型脱毛症治療の現場で使用されていると言うわけです。男性型脱毛症の大きな原因のひとつに働きかける力が大きいため、男性型脱毛症発症の原因が男性ホルモンと特定酵素の作用である場合には、フィナステリドを含む治療薬を飲み続けることで症状が改善できる確率は非常に高いと言うことができます。ただし自己判断で服用するのはあまりおすすめできません。医療機関を受診して、その診断結果によって服用することをおすすめします。また注意したいのは、フィナステリドを含む治療薬の使用は男性限定であると言うことです。男性ホルモンに働きかける力が強いため、いくら薄毛や抜け毛が気になるからと言って女性がこの成分を含む治療薬を使用した場合には、体内のホルモンバランスが大きく崩れてしまう可能性も否定できません。特に妊娠を目指している女性や妊娠中の女性は、フィナステリドを含んだ治療薬の欠片にすら触れることが禁じられているくらいです。そうした女性が身近にいる男性は、フィナステリドを含んだ薬の扱いそのものに配慮する必要があります。

フィナステリドの安全性について

最近は男性の薄毛については、専門のクリニックなどで治療を行うことができるようになってきています。主に、治療に用いられる薬としてはフィナステリドを配合した内服薬ということになります。このフィナステリドを配合した薬に関しては、服用すると男性ホルモンの一部である薄毛の原因となる酵素を抑制させることになりますから、薄毛が改善される可能性が高いということになります。ただし、これからこのような薬を服用する人にとっては、安全性が気になるところかもしれません。そこで、フィナステリドを配合した薬の安全性については、副作用については全くないわけではありませんが、多くの人にとってはそれほどリスクは少ないということが考えられます。実際にフィナステリドを服用している人が、重篤な副作用にまで発展したケースというものはあまりありませんし、あったとしても全体として数パーセントという数字になっていますので、安全性については比較的高いということがいえます。しかし、フィナステリドは薬である以上安全性がまったくないというわけではありません。中でも、性欲減退や精子の減少、肝臓の数値の上昇などのリスクはあるといわれているので、このような副作用があった場合は、薬の中止したり、医師に相談するということが大事になってきます。もしも、ネット通販でフィナステリドを購入して服用している人にとっては、すべて自己責任になりますから、どのような副作用があるのか、処方の方法はどうなっているのかということを確認した上で服用をするとよいでしょう。また、フィナステリドを配合した薬の中にはジェネリック医薬品もあり、効果や内容についてはほぼ同様ですが、若干の違いもありますから、そういった違いも考慮して薬を選択することが大事になってきます。

フィナステリドの副作用について教えてください

フィナステリドは、男性型脱毛症治療の際に使用される薬に含まれている主成分です。男性型脱毛症は、男性ホルモンが毛乳頭細胞の受容体に入り込むことから始まります。そこで特定の酵素の作用を受けると、男性ホルモンは発毛を阻害する物質へと変換されてしまいます。それによって、特に額の生え際やつむじ部分に薄毛が発生すると言うのがメカニズムです。フィナステリドはもともと前立腺疾患のために使用されていた成分です。そのため男性ホルモンの分泌に作用する効能があります。ですからフィナステリドを含んだ治療薬をきちんと服用し続ければ、男性ホルモンと特定酵素を原因とする男性型脱毛症には高い改善効果を期待することができます。ただしフィナステリドは、男性ホルモンの分泌に意図的に作用を及ぼすため、副作用の発生が完全に否定できるものではありません。男性ホルモンは、男性器やその中で作られる精子に対して重要な役割を持っています。ですからそれが意図的に作用されることで、たとえば性欲の減退、勃起不全や勃起が維持されないなどのいわゆるEDと呼ばれる症状、また精子の減少と言った副作用が見られるケースもあります。またフィナステリドは男性のみに服用が認可されている成分であり、女性がこの成分を摂取してしまった場合には、体内のホルモンバランスが崩れてしまうことで心身の健康に予期せぬ影響が及ぶ可能性が否定できません。特に妊娠中の女性で、胎児が男児であった場合は、フィナステリドに触れることで胎児の性器形成に副作用がでる危険性もあります。そしてフィナステリドを含む治療薬は、内服薬として服薬するのが一般的です。そのため肝臓に対する影響も、決して無視できないものです。飲み続けることが必要なため、元々の肝臓の状態によってはそれが負担となり、肝機能に副作用が出てくることも考えられます。気になる方は服用前にかかりつけ医に相談することが求められます。

■AGA治療に効果のある薬
AGA治療薬フィンカーを通販で購入
プロペシアを通販するならここ
フィナステリドで髪の毛フサフサ
■フィナステリド以外の成分
ケトコナゾール